MENU

医薬品、医薬部外品、化粧品の違い

薬事法と言う法律があります。
薬事法では、人間の身体に使用するものを、医薬品、医薬部外品、化粧品に分けています。

 

薬事法の規制と言う意味において医薬品、医薬部外品、化粧品の区別は厳格なものであると言えます。

 

育毛剤を買う時、誰しも望む一番の効能は「発毛」かもしれませんが、医薬部外品では発毛を効能にうたえません。

 

「医薬品」であることを強調したコマーシヤルもありますよね。
たとえば、リアップのコマーシャル。「日本で唯一、発毛剤と呼べるのはリアップだけ!」と言うキャッチコピーでご記憶の方も多いのではないでしょうか?

 

医薬部外品では発毛剤を名乗ることが出来ないのです。

 

医薬品、医薬部外品、化粧品の違いは、効果の高さのランクを示すものです。

 

「医薬品」は治療が主たるもので、用法によっては、なんらかの副作用の危険が伴うもの。
「医薬部外品」は作用が比較的穏やかで、ほとんど副作用はないもの。
「化粧品」は、直接身体に与える効能や効果はないという意味合いが含まれているもの。

 

育毛剤に関する効能の範囲は、医薬部外品で「養毛、育毛、発毛促進、脱毛の予防、フケ、カユミなど」です。「発毛促進」は、「発毛!」ではなく、あくまで「発毛」を「促進する」です。

 

化粧品では、髪の毛を増やす効果は期待出来ません。じゃあ医薬品でなければならないのでしょうか?

 

育毛と言う目的においては医薬部外品の育毛剤が適当に思われます。なぜなら、育毛はどうしても髪の毛の特性上、長期的に取り組まざるをえないものだからです。

 

医薬品においては実験により証明された効果があるものの副作用の懸念がついてまわるからです。

 

リアップX5はミノキシジルと言う成分を5%含むもので、過激ではないですが副作用の注意は必要です。何しろ、ミノキシジルはもともと血圧の薬ですから、血圧の異常のある人は特に避けた方がいいものです。

 

実際に販売されている育毛剤は、そのほとんどが医薬部外品に分類されるもので、医薬品の区分になるものはごくわずかとなります。育毛と言う目的からすると、穏やかな作用がむしろ適当なのでしょう。

 

また、「薬用○○」とか商品名につくものがあってまぎらわしいです。「薬」とついても医薬品と言うことではなく、むしろ医薬部外品の場合が多いです。「薬用」と言うのは枕詞程度に考えておきましょう。

 

育毛剤は効果の期待できるものです。しかし、成果のあった育毛の取り組み全体の内、育毛剤の果たす役割は3分の1程度です。あとの3分の2は生活習慣の改善やヘアケアの見直しなどです。当然、この割合は人それぞれで、これまでの生活習慣のあり方により左右されます。

 

ここでご理解頂きたいのは、育毛剤だけで毛が増えるのではなく、生活習慣などの見直しが非常に大切ですよと言うことです。

 

つむじハゲの改善においても、育毛剤だけでなく食生活やストレス、睡眠など生活のいろいろな要件に目を向ける必要があるのです。

関連ページ

育毛剤はそれだけでは効果なし?
育毛剤の基礎知識を仕入れましょう。育毛剤も魔法の薬ではないので、効果的な使い方を目指さないと願い通りの結果を出すことは出来ないのです。
最低限おさえたい髪の毛の知識
育毛していくうえで最低限おさえておいて頂きたい髪の毛の知識をご紹介します。