MENU

つむじハゲ?!もうひとつの基準

つむじが白く目立ってるんですが・・・
つむじハゲなのか?

 

つむじが目立つと言うことは、すでに薄毛や脱毛症の前兆ですので、
迷わずなんらかの対策を始めた方がいいのですが、
まだまだ迷いの多い段階かもしれませんね。

 

 

薄毛などの対策は早いほど効果を上げやすいので、
このページを読んでいると言う段階で、
生活習慣やシャンプー選びなどに気を使うなど何かスタートをきった方がいいでしょう。

 

 

でも、なかなかハゲの段階に入っているなんて認めたくないんですよね。。。

 

 

つむじハゲかどうかの基準は髪の毛の数の減少とともに、
髪の毛の細さを見るべきと他のページに書いています。

 

 

ここでは、もうひとつの薄毛や脱毛症の始まりの基準をお伝えしたいと思います。

 

 

その基準は抜け毛の根本の状態です。

 

 

健康な抜け毛の頭皮に埋まっていた部分は、
よくマッチの先や棍棒のようにと例えられるのですが、
丸くふくらんだ状態です。

 

 

ところが、髪の毛の生え変わりのヘアサイクルが乱れてくると、
毛が健全に成長せずに早く抜けてしまい切り落としたようにまっすぐの状態です。

 

マッチで言えば棒だけの状態のようなもの。

 

 

シャンプー後の排水口やブラシに付いた抜け毛を観察してみてください。

 

根本が丸く膨らんでいなくて、まっすぐの毛が多いようだと
本格的な薄毛や脱毛症の始まりだと思った方がいいでしょう。

 

 

抜け毛の状態もハゲの基準になるのです。

 

 

まとめますと、つむじが白く目だつようになって
髪の毛の太さが以前より細くなったり、
側頭部の毛と比べてつむじ辺りの毛が細くなっている、
抜け毛を観察して毛の根本が膨らんでいないまっすぐの状態の毛が多いなどの変化がみられたら

 

 

そのつむじは単なる毛の分け目ではなく、
つむじハゲの始まりと判断した方がいいでしょう。

 

 

ただ、もしここでお伝えしたような兆候があったとしても、
まだまだ初期の段階なので比較的対処は簡単で結果が出やすいので安心してください。

 

 

一般的には、もっと進行しててっぺんにぽっかり穴が開いたようになってから、
重い腰を上げて対策を始める人が多いのが現状です。

 

 

そうなってくると結果が出るのにずいぶん時間がかかってしまうので、
今のうちになんらかの対策を始めることをおススメします。

 

 

まずは、生活習慣やシャンプーの見直しですが、出来れば育毛剤なども使ってみると
大きな効果が得られることが多いのです。