MENU

そもそもハゲとはどのような状態のことなのか?

そもそも、ハゲとはどのような状態のことなのでしょう?

 

 

加齢や生活の乱れ、ストレスや遺伝などさまざまな原因で、
髪の毛が細くなったり、過度に抜けたりと健全に成長しなくなって、
頭皮の露出が多い状態。

 

一般的には、このような状態のことをハゲと言うことができるでしょう。

 

 

また、同じような状態を指すことばで薄毛がありますが、
ハゲと薄毛の線引きは曖昧で、ほぼ同じように扱われることが多いようです。

 

 

ただ、ハゲの方が地肌の露出が多い場合を指すことが多い傾向が見られます。

 

 

薄毛が進行したものがハゲと言っているケースもあります。

 

 

まったく毛のないところがあるのでハゲ、
毛が細くて少ないために地肌が透けているので薄毛、
そんな分け方も出来そうです。

 

 

やや自虐的に薄毛をハゲと言うこともありますから、
厳密な違いはないと言えるでしょう。

 

 

同じような状態のことであっても、
ハゲの方が薄毛よりややバカにしたようなニュアンスがありますね。

 

 

地肌の露出が多いにもかかわらず、
薄毛と言う場合は潔さがないと見られることもあるでしょう。

 

 

いずれにしても、厳密な区別はないので、
気にしないようにしましょう。

 

 

ハゲ・薄毛でも、細くなっていようが毛がある状態なら、
正しい方法で取り組むことにより改善したケースは多々あります。

 

 

なんらかのハゲにお悩みなら、育毛シャンプーや育毛剤を自宅で使ったりすることは、
それ程大きな出費ではないのでチャレンジしてみる価値はあると思いますよ。