MENU

つむじハゲの原因はホルモン?遺伝?

つむじハゲに気づいた時はショックですよね。

 

でも、まだまだハゲとしては初期段階なので
早めに対策していきましょう。

 

 

最近は女性にもつむじなどの薄毛を気にする方が多いものの
圧倒的に男性に多いのは、なぜでしょうか。

 

原因を聞けば納得されることと思います。

 

 

それというのも、髪が薄くなることと男性ホルモンが大きく関連しているからです。

 

 

男性ホルモンとはテストステロンとも呼ばれる物質です。

 

 

筋肉トレーニングをして筋骨隆々になると、男性ホルモンがぐんぐん分泌されていきます。
するとつむじハゲになりやすいと言う人がいますが・・・
これは俗説です。

 

 

男性ホルモンが多いだけではハゲません。

 

 

男性ホルモンが5αリダクターゼと言う毛穴のにある皮脂腺から分泌される酵素の影響で
脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンに変異したとき薄毛を進行させるのです。

 

 

これら男性ホルモンの影響が他の薄毛要因と連携して
ハゲを進行させるのです。

 

 

つむじハゲは遺伝も原因しています。
さきほどの男性ホルモンの影響を受ける体質を遺伝により受け継ぐのです。

 

 

ただ、周りの親兄弟、親戚などを思い返して
自分は遺伝で将来かなりのハゲになるなと思っても悲観することはありません。

 

適切に対策すれば、ハゲになる時期を遅らせることができるのです。

 

 

かなりの高齢ともなれば、遺伝も関係なく皆がハゲ、薄毛になるので、
時期を遅らせるだけでいいのです。